ワールドナンパブログ

0からモテるようになっていく男のその姿を、皆様にお届け致します

3/31 東京初ナンパ ナンパとお金について

どうも、ワールドです。

 

 

まあいわば勢いで上京してきて、お金も今はなくて。

 

 

 

ただ、『モテるようになる』ことを考えるとどうしても多少のお金はかかるじゃないですか。

 

 

女の子とちょっとお茶するだけにしても。

 

 

でも今は正味そっちに使ってるお金ないんですよw

 

 

まず生きないといけないので。

 

 

そうすると

 

 

『よっしゃ。お金落ち着いたらナンパしよ』こうなりますよね。

 

 

僕も上京して6日目ぐらいまではこのように考えてバイトして、あとはひたすら寝たりして、極力おけねを使わないことを考えてました。

 

 

 

しかし、ほんと昨日ですね

 

 

『これって言い訳ちゃうか』そんなことを思わされ始めました。

 

 

正直お金がないからナンパできないってもっともらしい。

 

 

言い訳としてすごく。

 

 

でも同時に、

 

 

『ほなお金っていつ落ち着くねん?いつナンパできんねん?』

 

 

というのが浮かんできてそんなことをあれこれ考えていると

 

 

『俺はどんだけナンパが成功する前提で考えてんねんw声かけるのはタダやんけw』

 

 

という結論に至り

 

 

『思い立ったら勢いでいかなあかん!』と深夜0時

 

 

とりあえず渋谷に行くことに決めました。

 

 

今日の目標は

 

 

 

『声をかけること』

 

 

これだけです。

 

 

よっしゃやったんねんと自分に言い聞かせながらセンター街に向かっていると、

 

 

前からスタイル抜群の綺麗な女の子が

 

 

『よし、、、、あかん無理や』

 

 

声かけれず。

 

 

やっぱりいざ現場に立つととっさの声が出ない。

 

 

『ああ、この壁をまずは乗り越えなあかんねんなあ』

 

 

と思いながらその子の後ろ姿を見ようともう一度振り返ると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒人に腕鬼掴まれてましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明らかに嫌がっている女の子。

 

 

黒人は全く手を離さず終いには足まで触り出す始末。

いや、東京やばいやろと思いながら頭の中は2通り

 

 

『別にただの他人やし、立ち去るか』『助けるか』

 

 

てかその横何人も人通ってんのに誰か助けたれやなどと考えながら

 

 

いよいよやばそうなので意を決して2人の元へ。

 

 

そして、

 

『SORRY MY  HONEY

 

 

と言い女の子の肩に手をかけました。

 

 

すると意外に黒人はあっさり残念そうな顔をして去って行きました。

 

 

『ああよかった』そう思うのもつかの間、

 

 

今度は俺のターンですよねW

 

 

『大丈夫?やばいやろあれはW』から始まり、しゃべりまくったんですが、

 

 

基本『ホントにありがとうございました』のみでもう帰るとのこと。

 

 

まああんなんされたらそらそうやろなWと思いながら、

 

 

インスタだけ交換してバイバイ。

 

このあとは何かやりきった感が出てしまいWあと2人だけ声かけ。

 

 

会話にはなったものの『もう帰る』を1人につき10回ほど言われて終わり。

 

そんだけ帰る言われたら俺も帰ろw、そして帰宅。

 

 

30分ほどの間の出来事でしたがめちゃくちゃ刺激的でした。

 

 

何か結果が出たわけではないですが、

 

 

『あそこで逃げずに助けに行った自分』これは自信になりました。

 

 

当面は自然に声をかけられるようになることを目標にしたいと思います。

 

 

てことで今回は以上です。

 

 

お読みいただきありがとうございました!